浦安市、新浦安の院長が歯周病、インプラント、マウスピース矯正、ホワイトニング認定医など専門資格を多数保有する歯医者

新浦安の歯医者 歯周病、インプラント、小児歯科、ホワイトニング専門

「新浦安ブライト歯科」は安心・安全な痛くない治療をする歯医者です。
〒279-0013 千葉県浦安市日の出5-6-1 パークシティ東京ベイSea109
シンボルロード沿い 京葉線 新浦安駅より11番系統バス「ベイパーク」

シ ロ イ ハ 
047-720-4618
診療時間
(平日)9時~13時/14時半~18時半
(土日)9時~13時/14時~17時半
       定休日:祝日のみ

無料専用駐車場5台あり
安心の担当医制
キッズスペース・テラススペース
土日も診療!

患者様よりよくいただく質問集です。

よくある質問~浦安市新浦安の歯医者がお答えする歯科Q&A

わからないことはお気軽にご質問下さい

歯科医院に通う際に、よくある質問をまとめました。
沢山ありますので、分野ごとに分けてあります。

また、今後も皆様からの質問を頂き次第、順次増やしていきますので、心配なことはお気軽にご相談ください。
まずは、気になっていることがありましたら、以下のそれぞれの診療内容についてのリンクをクリックして、お読みください。

診療全体について

急に歯が痛くなったのですが、診てもらえますか?

ご予約の上ご来院下さい。当日予約も受け付けております。

当院は基本的に予約制となっておりますが、急患の方は随時受付しており、そのような場合のためにもスタッフも揃えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

詰め物が外れてしまいました。どうしたら良いでしょうか?

出来るだけ早くご予約の上ご来院下さい。

詰め物や被せ物が外れてしまった場合は、できるだけ早くご連絡の上、ご来院下さい。以前に削って埋めた弱い歯の部分が露出しており、悪化が早く危険な状態ですので、できる限り早く治す必要があります。

妊娠中でも治療は受けられますか?

基本的にどの時期でも配慮させて頂き、診させて頂きます。

原則的に妊娠のどの時期でも我慢すると良くありません。配慮して治療させて頂きます。緊急の場合ではなければ、流産早産などの危険を考えますと、5ヶ月から7ヶ月の安定した時期が良いでしょう。また、妊娠している、または妊娠の可能性のある方は必ず診療前にお申し出下さい。

授乳中でも治療は受けられますか?

痛みや腫れがある際の応急処置はいつでも行います。

出産直後の歯科治療は小さな虫歯や、歯のお掃除など軽度の歯周病治療であれば治療可能です。それ以外の痛みや腫れを伴う治療は念のため応急処置に留めた方が良いでしょう。授乳中の方は、必ず診療前に「授乳中である」事をお申し出ください。

妊娠中や授乳中に歯のエックス線写真を撮っても大丈夫ですか?

当院のデジタルレントゲン機器は安全です。

はい、当院の場合は大丈夫です。歯科用エックス線1枚撮影による被爆量は、約10万回の撮影で体に影響が出るか出ないか程で、わずかな線量となっております。さらに当院のレントゲン機器はデジタルエックス線を採用しており、より被ばく量は少なくなります。また防護エプロンを使用すればさらに10分の1から100分の1に抑えることができます。ただし妊娠している、または妊娠の可能性がある、授乳中の方は必ず診療前にお申し出くださいませ。

クレジットカードは使用できますか?

クレジットカードもデンタルローンもお取り扱いしております。

はい、1万円以上のお支払いにつきましては、クレジットカードをご使用いただけます。この他にも、提携銀行の「デンタルローン」を取り扱っておりますので、分割でのお支払いが可能です。お気軽にご相談ください。

予防歯科について

毎日の歯磨きだけでは、虫歯や歯周病は予防できないのですか?

ご自身の歯磨きだけでは限界があります。

どんなに丁寧に磨く方でもご自身での家でのケアだけでは限界があり、磨き残しは必ずあります。自分ではなかなか落とせない頑固な歯の汚れ歯茎の内側に深く入り込んだ歯垢や歯石などの除去のためにもプロフェッショナルケアが重要で、定期的な健診が必要です。

定期健診はどれくらいの頻度で行ったらいいですか?

お口の中の状態が悪い方は1ヶ月に一度、通常は3ヶ月に一度をお勧めいたします。

歯ブラシはどんなものを使うのが良いですか?

ヘッドが小さめで毛はふつう~柔らか目がおすすめです。

お口の大きさ、歯並びにより個人差はありますが、歯ブラシのヘッド(毛の出ている部分)がなるべく小さめで、毛先は山切りカットなど長さがバラバラなものよりもフラットな方がしっかりと磨けます。また、毛の硬さは歯肉炎などで歯肉が腫れている場合や出血しやすい方は、軟らかめの方がよいでしょう。

電動歯ブラシの方が良いですか?

道具の違いよりも磨き方の方が重要です。

最近は超音波の振動で歯についた歯垢を除去できる、優れた商品が販売されています。普通の歯ブラシでも電動ブラシでも歯磨きの効果は磨き方により大きく変わります。歯磨きで一番重要なことは、道具よりも正しい磨き方で、しっかりと歯垢が落とせているかどうかです。まず正しいブラッシング方法を身につけましょう。磨き方に不安や疑問がある時はお気軽にご相談ください。

フッ素塗布が良いと言われていますが、それは何ですか?

虫歯に対し歯質を強化します。

フッ素は虫歯に対抗する強い歯を作ることを助ける成分を含んでいます。歯に直接、適切な濃度のフッ素を塗布することで、市販のフッ素入りの歯磨剤よりも効率的に歯質を強化することが出来ます。特に、歯が生え始めの小児には必須の予防法です。

歯周病治療について

歯周病は若い人でもなりますか?

なんと10代からでも半分の人がなっています。

一般的には中高年で進行することが多いのですが、30代前後でもなんと約80%の方が発症しています。また、軽度の症状であれば、10代の若年齢層でも約50%もの方に見受けられます。歯周病は様々な全身疾患に関与し、早産も引き起こします。早期発見・早期治療が大変重要なので、若いうちから歯周病予防を考えるのは決して早すぎる事ではありません。むしろ、知識が一般的にも浸透している海外では幼いころから定期メンテナンスは当たり前となっています。

歯磨きのとき、痛みはないのですが歯茎から出血します。治療したほうが良いでしょうか?

歯周病の可能性が高いです。お早目にご来院下さい。

いろんな理由が考えられますが、歯周病の可能性が高いですし、何らかの病的な原因があります。お早めにご来院ください。

たばこと歯周病の因果関係はありますか?

確実に歯周病を悪化させます。定期健診が重要です。

ニコチンは血液循環や免疫機能を低下させ、歯周病の原因となる細菌に対する歯肉の抵抗力も低下するので、歯周病が進行し、治癒力も低下してしまいます。なるべく全ての皆様に禁煙をしていただきたいのですが、どうしても禁煙できない場合は、日頃からよくケアをしたり、定期検診にしっかり通うなどお口の健康に気を配るようにしましょう。

歯がぐらついています。元に戻りますか?

その歯と、周囲の組織の状態により、戻るか否かが変わります。ぐらぐらする感じや違和感を感じた時はなるべく早くご来院ください。

メンテナンスはどれくらいの頻度で行った方がいいですか?

年齢やお口の健康状態によって変わりますが、一般的に3月に一度のメンテナンスをお勧めいたします。

小児歯科について

歯磨きはいつから行うべきですか?

乳歯が生え始めたら必ず歯磨きをしましょう。

基本的に乳歯が生え始めたら必ず歯磨きをしましょう。最初はなかなか思うように磨かせてくれませんが、楽しい歯磨きの音楽や映像を利用するなど、楽しく磨けるように工夫し、習慣になるようにすることがおすすめです。仕上げ磨きも大切です。

歯医者に行きたがらないのですが・・・。

一歩一歩、協力して進めていきましょう。

押さえつけるなどして無理やり治療をしてしまうと、トラウマとなってしまうこともあるため当院では基本的に強制的な治療はいたしません。無理やり治療するのではなく、お子様の希望を尊重しつつ、一歩一歩治療の必要性や処置の内容をお子様にも教えながら的確な処置を行っていきますのでぜひ一度、一緒にご来院ください。そして、その日に治療が出来なくても叱らないようにして、根気よく協力して取り組んで下さい。

歯を強くしたいのですが、何才からフッ素塗布できますか?

歯の生え始めには特に有効です。

乳歯でも永久歯でも、生えて間もないときはフッ素の効果は特に高いので、歯が生えてきたらなるべく早い時期から、フッ素塗布をすることをお勧めします。ただし、フッ素を塗ればケアを怠っても安心なわけではありません。最も大切なのは、歯磨きの習慣やきちんとした食生活、そして定期健診です。

審美歯科について

審美歯科治療した歯はどれくらいもちますか?

自費の被せ物には長期保証期間を設けております。

当院では自費の人工の歯や被せものに対して、定期健診を受けられていらっしゃる方には長期保証を設けております。メンテナンスの頻度、生活習慣、歯ぎしりの有無など、患者様の状況によって持ち具合には差が出てきます。定期的にチェックをしながらできるだけ長くお使いになれるよう、お手伝いさせていただきます。

審美治療を受けたいのですが、費用が心配です。

しっかりカウンセリングをして、患者様に最適なプランをご提案させて頂いてから進めて参りますのでご安心下さい。

それぞれの患者様の要望を良くお聞きし、かみ合わせ、歯や周囲の状態をよく検査した上で患者様にとって最善のプランをご提案します。治療は患者様にご納得していただいてから開始しますので、ご安心ください。ご質問がありましたらお気軽にお話ください。相談費用は無料です。

ホワイトニングについて

年齢制限はありますか?

18歳以上の方は男女どなたでもお受けいただけます。

18歳未満の方は、まだ歯の成長過程にあるのでお断りしております。年齢の上限はありません。男女問わず受けて頂き、とても満足して頂けております。

ホワイトニングは歯のクリーニングとは違うのですか?

歯そのものの色を白くするのはホワイトニングのみです。

ホワイトニングは一切削らずに、歯の色自体を白くします。一方、歯のクリーニングは歯自体の色はそのままで、表面の汚れを除去します。

ホワイトニングの効果はどれくらい持続しますか?

個人差も大きいですが、約半年~一年です。

喫煙や色の濃い食事を取る頻度など生活環境にもよりますが、半年から1年程度で徐々に色が再度ついてきます。効果を持続させるためには、ホームケアも併用することがおすすめです。

ホワイトニングで、歯が悪くなったりしませんか?

認可されたホワイトニング剤を、適切に使用するので安全です。

ホワイトニング剤の主成分は過酸化水素という成分です。有資格者が認可された市販のホワイトニング薬剤を用いて、正しく行えば、エナメル質(歯の一番表面の部分)にもダメージを与えることはありません。ただし、もともと知覚過敏や虫歯があったりすると痛みが出ることがあります。実際は、保険でのクリーニングや検診を受けて頂いてからホワイトニングをする方が安全で安心です。ご心配な方は一度、検診でご予約をお取り頂いてご相談下さい。

ホワイトニングに保険はききますか?

ホワイトニングは審美的な事が目的となるので病気とはされず、保険適用外となります。

妊娠、授乳中でもホワイトニング治療を受けられますか?

妊娠中、授乳中の方は時期をずらしてお受け下さい。

妊娠中、授乳中の方のホワイトニングの安全性は保障されていないため、お断りさせて頂いています。基本的に緊急性を要する治療行為ではありませんので、安心して受診できる時期までお待ちになるようお願い致します。

歯のクリーニングについて

PMTCで歯は白くなりますか?

歯の表面の着色のみ落とすことが出来ます。

歯の表面の着色は落とすことができますが、ホワイトニングのように歯自体の色そのものは変わりません

どのくらいの間隔でクリーニングを受けると良いですか?

一般的に3か月に1回の頻度です。

個人差はありますが、喫煙やコーヒーがお好きな着色の多い方は月に一度、一般的には3か月に1回の頻度で受けられることをお勧めします。

保険はききますか?

もちろん保険で可能です。但し保険の場合、一回では終了しません。

保険外と保険内とお選び頂けます。保険外は一度で終了することが可能です。保険内は保険の規則に基づき色々な検査を要するため基本的に一度では終了しません。どちらにされるかはお気軽にご相談ください。

痛くないですか?

基本的に痛みはありません。

専門家が行うプロフェッショナルクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うのため、基本的に痛みは感じません。ただ、薬品を使用しますので、個人差はありますが重度な歯周病などが元々ある方は多少しみることがあります。不安や疑問は治療前や治療中でもご遠慮なくお申し出ください。弱くゆっくり行う様にも配慮させて頂きます

インプラントについて

手術は怖くないですか、またどれくらい時間がかかりますか?

しっかりと麻酔をしますので、痛みの心配はありません。

手術中は麻酔をしますので痛みの心配はありません。また、当院では、麻酔科認定医が在籍し、御希望の方には点滴により痛みを感じなくする静脈内鎮静法を行っております。気がついたら手術があっという間に終わっていますので、手術や歯科治療に恐怖心をお持ちの方でも安心して受けていただけます。

自分の歯と同じように咬むことができますか?

ご自身の歯とほぼ同じ感覚で噛むことが可能です。

入れ歯やブリッジとは違い、インプラントがあごの骨にしっかり固定されていますのでご自身の歯とほぼ同じ感覚で咬むことができます。今まで思うように噛めなくて悩んでいたという方からは、何でも咬めるようになったという嬉しいお声を頂いております。しかし、そのためには定期検診とメンテナンスが非常に重要です。

歯槽膿漏ですが、インプラントは出来ますか?

インプラントをする前に専門的な処置を加えて行います。

歯槽膿漏は、周囲のあごの骨を溶かしてしまうため、インプラントを埋入するための土台になる骨が少なくなっています。その場合は専門的な技術を用いて、骨造成などを行い骨を増やしてから行います。その場合、治療期間が長くなります。

インプラントに年齢制限はありますか?

その人の全身を含めた健康状態によっても異なりますが、健康であれば80代くらいでも十分可能です。

インプラントの耐用年数はどれくらいですか?

生体親和性の高いチタンを使用しているので安全で、一般的には長期持ちます。

当院のインプラントは生体親和性が高いチタンでできておりますので、通常の使用とメンテナンスにより壊れる事は少ないです。さらに当院のインプラントは歯と同じ成分を周りにコーティングされており、生体に対して無害で安全性も高く、とても長期的に安定した状態を保つことができます。

歯医者さんの確実な最新ホワイトニング

お手軽な歯磨き粉レベルのホワイトニングとは全く違う、1回で確実に白くなる歯医者さんの本物のホワイトニング

専門資格と経験に裏付けられたインプラント

アメリカ「インディアナ大学」インプラント学フェロー資格を有し、多くの経験を積んだ院長が行う『安心・確実・美しい』インプラント

見えない最先端 矯正
「インビザライン」

インビザラインで快適な矯正歯科生活

新浦安ブライト歯科では最新の「見えない矯正」インビザラインを扱っています。
従来の見た目もお手入れも大変だった装置とは比べ物にならない快適さ!

診療時間

 
午前
午後
受付時間

午前 9:00~18:30

土日は17:30まで

休診日

祝日のみ

047-720-4618

アクセス

〒279-0013 千葉県浦安市日の出5-6-1 パークシティ東京ベイSea109

シンボルロード沿い1階
JR京葉線新浦安駅より
11番バス「ベイパーク」
無料専用駐車場・駐輪場あり